【JNCC2016 第8戦「SSV糸魚川」信越North大会】レースレポート

レース / RACING REPORT - 2016.09.30

【JNCC2016 第8戦「SSV糸魚川」信越North大会】
レースレポート

JNCC第8戦SSV糸魚川
日時 9月25日(
会場 新潟県シーサイドバレー糸魚川
PHOTO/YUTA YOSHIDA

JNCC第8戦の舞台となったシーサイドバレーがある新潟県糸魚川市は8月に台風9号により甚大な被害を受けた。駐車場からゲレンデまで行く道を車で登ることが難しくなり、同会場では中止せざるをえない草レースもあった。JNCCを無事に開催するべくスキー場スタッフが全力で復旧に取り組んだ。

糸魚川のコースには「BANZAIクライム」「激下りクレバス」「天空のびびり」などの名セクションがあり、さらに今回は新セクション「ジャングルダンス」が追加された。ところがレース前に降り続いた雨の影響があり、このジャングルダンスのコンディションが悪化、深い沼地のようになってしまい、FUN全クラスでカットされることとなった。

 

<COMP GP/AA1クラス>

COMP-AA1クラスにはHusqvarna ALPHATHREE with Beersから石井正美、Husqvarna福岡の原田健司が出走。

FE350の原田健司は一周目、「BANZAIクライム」を下り切ったところにあるクレバスで激しくクラッシュ。肘を痛めてしまいリタイヤとなった。

TE250の石井正美はスタート出遅れながらも追い上げのレース運びで11位フィニッシュ。

<COMP GP/Aクラス>

COMP-Aクラスに出走したSeezoo Husqvarna elf Racingの岩井良宏は一周目をクラストップで戻ってくると最後まで順位を守り、見事クラス自身初優勝を果たした。

岩井良宏
「お疲れ様でした。いつもTC125というオートバイで出てるんですが、トラブルがありまして、急遽、試乗車を借りて出ました。FE250の2017モデルなので、マシンは間違いなく良いと思うので、今日は僕の技量じゃなくてマシンに助けられて勝つことができました。ありがとうございました」

<FUN GP/WAクラス>

FUN-WAクラスに出場したSeezoo Husqvarna elf Racingの西翔子は3位となった。また、同じチームからWDクラスを走った吉田夢海は2位。

[GROUP] 2016 JNCC(全日本クロスカントリー選手権)

KTMイベント情報